calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

JavaScript・2つのタイマー(その2)

0
     11月から始まるボランティアのパソコン教室・・・言い訳
    教材のCD,テキスト・・・言い訳
    つくらなくっちゃ〜・・・言い訳
    時間が無い・・・言い訳
    と言うことで、少し間があきましたが、JavaScriptの始まり始まりー

    setIntervalメソッドを使って、画面上の写真を2秒ごとに自動差し替えしまーす。
    js43誰が主役?

     今回は4枚の写真を用意し、「pictureChange」と言う関数を作りました。
     この関数は、カウンタ(1〜4)に対応して、body中のID「xx」の写真を別々の写真で置き換え、さらにカウントが4になったら1に戻す、と言うものです。
     この関数を、window.setInterval(pictureChange,2000);を使って2秒毎に呼び出せば、狙いの動きをします。
     実際のプログラムは下の様になりました。
    js41サンプル

    右をクリックして、このプログラムの動きを見て下さい。 →JavaScript例
    良いですねー。これなら実際のホームページに使えそう。

     
    今回まででsetIntervalメソッドの使い方は理解できました。
     次回は、setTimeoutメソッドを使ってアラーム作ってみます。

    なお、ホームページの「JavaScriptのabc」もアップデイトしました。こちらからどうぞ→。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック