calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

トリケラトプス・ホリダス3号君のその後

0

    改造前骨組みロボットHORRI3号は、ゴールデンウイーク前に、右の写真の様に、骨格が出来上がりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、その後張りぼてと皮を装着して行くと、駆動力不足や構造耐力不足が顕在化して来ました

    顕在化1.首ギアボックス縦出力軸で下アゴを駆動していたが、駆動軸の連結部でねじれによる破損が発生

      下アゴ駆動を、首ギアボックス横出力軸から取る様に変更した

    顕在化2.張りぼて、皮による首上下運動への動作抵抗が予想以上で、首ギアボックスの出力トルク不足が発生

      首上下運動の支点の前側に頭はりぼ、ギアボックスが集中しているので、支点の後側にバランス重りをぶら下げた

    顕在化3.足に加わる重量として、バランス重りも加わった為、足駆動力に陥った

      足ギアボックスのギア比を上げ、出力トルクアップした。反面出力回転数が低下してしまった

     

    なんだかんだと問題対策する内に、はや9月♪♪

    改造後骨組み動きはぎこちないものの、はりぼてや皮ふへの彩色まで済みました。

     

     

    はりぼてと皮ふを取り去った骨格は、右の写真の通りです。

    足には、紙粘土で肉付けして彩色してあります。

     

     

     

     

     

     

    はぎ取った張りぼて+皮ふは、下の通りで、トリケラトプスの敷物が出来上がった感じです。

    皮ふ

    この後、少しでも負荷を軽くする手立てを考えて、あきらめが付いたら張りぼてを取り付けて、動作確認です。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック