calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

コニカDeluxe2の修理

0

     

    引き続き「開かずの段ボール」をゴソゴソやっています。

    今度もコニカのカメラが2台出て来ました。

    KONICA EE-MATIC Deluxe と、KONICA EE-MATIC Deluxe2 です。

    Deluxeの方は既に保有しているので、Deluxe2の修理から取りかかる事にしました。

    症状の確認から・・・

      1.ファインダー内のピント合わせ用上下像がファインダー中央に無く、しかも傾いている

      2.EEが動作しない

    軍艦部カバーと底カバーを外して作業をしなくてはならない様です。

    コニカDeluxe2

    まず、軍艦部カバーを外します。

    1.軍艦部カバーは、正面から見て左側がビスどめされていますので、まずこのビスを外します。
    2.巻き戻しレバーを外し、隠れているビス2本を外します。
    3. ホットシューを外し、隠れているビス1本を外します。


    次は、底カバー外しです。

    底カバーをとめているビス3本を抜くとカバーが外れます。電池ボックスのふたも外れます。

     


     

    軍艦部カバーが外れ距離計ユニットがむき出しになりました。目視の範囲では不具合はありません。改めて、ピント合わせ用上下像の正常化に挑戦します。

    1.ファインダーを覗きながらピント像上下位置調整用の部品(写真中緑色の丸で囲んだ部品)の傾きを調べます。

    2.目視で判りにくい場合は、ネジロックを無視して調整回転して見ます。今回はこの部品の溝が開きすぎて、しかも、ネジがバカになっていましたので、この部品を交換しました。交換部品はDeluxeからの流用です。(写真は部品を交換した後のもの)

     

     

    右の写真中、赤く囲んだ部分がカバーを取った距離計ユニットで、白く見えるのが接着剤です。


     

    この状態で距離計ユニット内を清掃し、再びカバーをかぶせて、さらに上カバーを取り付けます。

    底の部分では、電池と電池ボックスを確認します。今回は電池(MR-9)が完全に死んでいましたが、電池ボックスは内部に一部腐食があるものの、断線はしていませんでした。腐食部分は紙やすり、ベンジン、綿棒を使って清掃します。

    清掃後新しいMR-9を入れてEEが働くことが確認できたら、底カバーを取り付けて、完成です。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック