calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

REX・赤外線リモコンの送信機できた♪

0
    JUGEMテーマ:ロボット製作
    赤外線リモコンの送信機が出来た。
    ここまでサブキャリアを作るところまでできていた(記事はこちら)ので、今回は、次のステップとして「通信フォーマット」の検討に入りました。
    世の中の家電用の赤外線リモコンにはNECフォーマットとかソニーフォーマットとかが有るらしいので、それを参考に簡易型のフォーマットを考え、「REXフォーマット」と名付けました。
    フォーマット

    これがREXフォーマットです。
    この送信パルスのhighの部分でサブキャリア波が送信されます。
    なお、今回はカスタマーコードとして受信機No.を1に設定しました。
    さて、データーとしてどのような情報を流しましょうか。
    送信機にはあらかじめ4つのタクトスイッチを乗っけていますので、それぞれのスイッチが押されているかどうかを情報として送ります。
    スイッチこれが送る情報8ビットの内容です。
    ここまでが設計の準備です。
    実際のソースは以下の通りです。
    ソース
    ソース
    このソースのデバッグには、受光センサーが必要です。
    そこで、受信機の基板の一部を先行して作る事にしました。
    受光センサーそれが、右の回路です。
    この回路図上、IC31が受光センサーで、この出力端子Voutの電圧をオシロスコープで観測します。

    注意点が二つ。
    1.サブキャリアは受光センサー内までで、出力端子Voutにはフォーマットのhigh、lowが出て来る。
    2.出力端子Voutのhigh、lowは、赤外線のhigh、lowと逆転している。
    さてVoutで観測できた波形は・・・・
    波形
    黄色で注釈を入れた様に、狙いのフォーマットの通りに送信している様です。
    次は、受信器です。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック