calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

REXメカからくりはメド♪

0
    JUGEMテーマ:ロボット製作
    首だけではなく、どうしても口も動かしたい・・・
    前々回に書いた(こちら)様に、口を動かす方法として「テグス」で引っ張ってみたけど、これは失敗!!
    別のカラクリを考えました。
    口開口部品作った部品は、このレバーと支点用ピン、ガイド用ピン。
    レバーの右端には、ガイド用のピンが滑る溝を切っております。

    口と首の駆動部組み立てると、こんな状態。
    以前から存在する「首上下の支点」の真下に平行してガイド用ピンを挿してあります。
    モーターが回り首用レバー(先端は「下アゴ」)が上下すると、首用レバーの途中に挿した「頭上下の支点」も上下します。
    「頭上下の支点」〜「頭の内側上部に当たる」部分の距離を二つの支点間距離の約2倍にしましたので、頭の動きの上下幅は下アゴの動きの上下幅の2倍になり、結果として口を開くという計算です。
    同時に
    頭部品同時に頭〜首の外側を作っておきます。
    アゴと首の関節が自由に動くように、支点でつなぎます。

    頭組立完これが頭部(頭から首)の出来上がり。

    口の動き手で動かしてみると・・・。

    頭内側下(内側)から見ると・・・。

    頭側面横から見ると・・・。

    頭部を本体にドッキングして動かしてみました。

    もうすこし口をパクッパクッと動かしたいところですが、試作第一弾としては、こんな程度でしょう。
    機構部のメカカラクリの検討はここまでにして、次は電気回路の検討に移ります。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック