calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

profile

商品の紹介について

このブログではアフェリエイトを利用して管理人おすすめの紹介をしておりますが、実際の取引はお客様とリンク先商品提供者との間で行われ、当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。お取引に関して生じる問い合わせは、お取引先までご連絡ください。

OM-1レンズの清掃トライ

0
    JUGEMテーマ:中古カメラ・レンズ・撮影機材
    本体修理を終えたオリンパスOM-1(修理記録はこちら→)の付属レンズは ZUIKO AUTO-S です。
    うっすらカビている一方で、チリ、ホコリが入り込んでいる様です。 
    zuiko01これは前から見たレンズです。
      
    zuiko02これは後ろから見たレンズです。

    zuiko03前側から分解していきます。まず銘板を回します。例によって指サックの出番。

    zuiko04外した銘板と、銘板によって押さえられていた前枠です。

    zuiko05レンズ本体側は前球ユニットのカニ目が見えて来ました。写真中に小さなボールが見えますが、これは絞りダイヤルのクリック用で、無くさない様に注意が必要です。

    zuiko06カニ目に金属ケガキコンパスの先端を差し込んで、ねじります。
      ねじります。
        ねじります。
          ねじります。
     
    しかし、びくともしません。

    zuiko07前球外しはあきらめて、後球外しに挑戦します。
     
    マイナスビスが3本、小さなプラスビスが3本ありますので、これらを外します。

    zuiko08これらのビスを外したら、黒いカバーを外します。

    zuiko09マウントも外します。
    レンズ本体は写真の様になり、後球ユニットは指でつかむ事ができる状態になりました。

    zuiko10後球ユニットを指サックで力いっぱいつかんで、思いっきりねじります。。
      ねじります。
        ねじります。
          ねじります。
     
    しかし、後球ユニットはびくともせず、その後ろカバーが緩んで外れてしまいました。
    その後も挑戦を続けたのですが、後球ユニットは外れてくれません。
    結局レンズの分解はあきらめました。こんなに固いレンズの固定は初めてです。どうやら接着剤でガチガチにしている様です。 未練は残りますが、OM-1システムの修理を終わります
    OM−1システムの修理記録はホームページにも載せておきました。→こちらからお入りください

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック